ホーム > マニュアル基礎知識 > マニュアル用語集

マニュアル用語集

マニュアルとは

もともと「マニュアル(Manual)」はラテン語に語源があり「手に持った本」を意味します。
いま、ビジネス分野でのマニュアルの適用範囲は,仕事の処理手順や手続きを記述した「要領」「手順書」・「処理フロー」類、機器類や、OA機器、パソコン、情報システムなどのハードやソフトウェアの使い方に関する「使用説明書」・「操作説明書」「取り扱い説明書」類、さらには企業理念やそれに基づく社員の行動規範、ガイドライン、教育用テキスト、教育マニュアル類と広範におよびます。

業務(オペレーション)マニュアル

一般的に業務の処理工程、手順、処理方法を体系化したものを業務(オペレーション)マニュアルといいます。
組織で行う仕事は、分業化され、担当者ごとに分担しています。したがって、組織における仕事は,個人の範囲で完結するものではなく、すべてのフローで関連性を持っています。
そこで組織内の仕事が、スムーズに遂行されるような仕組みづくりが必要です。
業務マニュアルは、業務単位別に仕事の目的や処理手順をまとめた「業務要領・事務管理マニュアル」と担当者別 にその業務内容を取りまとめた担当者別業務マニュアルの大きく2種類に分けられます。

取扱説明書

取扱説明書は、商品を購入した消費者が、その商品の使い方を理解するために利用するものです。
多くのメーカーでは自社製品を正しく事故のないように、また設計された性能を発揮させよりよく利用してもらうために、製品に添付する形でこの取扱説明書を商品パッケージの中に同梱(いっしょに収めてある)しています。

運営:第一資料印刷株式会社 Copyright (C) DAIICHI SHIRYO PRINTING CO.,LTD All Rights Reserved.
第一資料印刷株式会社オンデマンド印刷なら ガップリ!セミナーテキストの印刷・製本なら セミナーテキストNAVI50冊からつくれるオリジナルノート 書きま帳+採用映像、各種採用プロモーションツールの制作・印刷 採用映像マニュアル制作.com機関誌・広報誌の紹介サイト キカンシネット機関誌づくりのお悩みにお答えします! 機関誌づくりブログ株式会社労働開発研究会